職員の労働強化は改めるべき 【活動】 2021.4.9(金)
3月の予算特別委員会で私が質問した際に、他の部署の職員を減らすわけではなく、定数を増やす、との説明を受け、とてもうれしく思いました。また、クラスター発生時の保健所業務を支援体制として、今年2月から、市や県のOBの保健師・看護師の協力を得る体制を作りました。大分県職員の……(全文を読む
県職員ますます長時間労働 【ニュース】 2021.3.31(水)
予算特別委員会が3月11日から26日まで開かれ、日本共産党の堤栄三・えんど久子両県議は、連日複数の項目で質疑しました。大分県職員の2020年度の時間外勤務が一番長い人はコロナへの対応のために月156時間。過労死ラインの月100時間以上の人は291人であり、昨年度の127人より……(全文を読む
保健所の職員が増員されます 【ニュース】 2021.3.9(火)
えんど久子県議は、9月の県議会や決算特別委員会などで、コロナ対応で多忙な保健所の正規職員の増員を強く求めてきました。4月から保健所の職員が計13名増員されることになりました。大分県の4保健所に正規の保健師を各1名ずつ増員するとのことです。さらに、9ヵ所に事務職員(正規)を……(全文を読む
四国への橋もトンネルもいらない 【ニュース】 2020.12.21(月)
大分県と四国の愛媛県を橋で結ぼうかトンネルを掘ろうか、という豊予海峡ルート。この「夢の灯を消さない」と大分県は言っています。南海トラフ地震の可能性大だというのに…。コロナ禍で県民の暮らしはますます厳しい。何兆円かかるかわからない橋やトンネルに莫大な経費をかけるより……(全文を読む
大分県温泉道でおんせん県のPRを 【活動】 2020.9.29(火)
9月16日の県議会で私は「大分県温泉道でおんせん県おおいたのPRを」と提言し、質問しました。地元紙が連載している油屋熊八の物語が話題になっています。また、過去にはシンフロも話題になりました。私は、まず別府八湯温泉道のことを紹介しました。別府八湯温泉道は日本一の温泉地……(全文を読む
性暴力の救援とひとり親家庭への助成 【活動】 2020.9.26(日)
私は以前、県議会の常任委員会で「若い人や子育て世代などにはLINEなどSNSでの啓発や制度の周知PRが有効だと思う」と発言しました。性暴力救援センターすみれではホームページを開設し、ラインなどSNSや大分駅前のデジタルサインを使ってのPRもはじめました。新聞、ラジオなどでも……(全文を読む
修理待つまでの炎昼屋形船 【一句】 2020.8.28(金)
7月の豪雨災害の被災地では「こんなことは初めてだ」とあちこちで声が聞かれました。日田では観光に活躍する屋形船が10艘以上流されたり壊れたりしました。「早く修理して9月からの観光シーズンに間に合わせたい。後から公費が出ることがわかれば修理にかかれる」との声に私たちはすぐ……(全文を読む
湯平の土台あらわに梅雨激し 【一句】 2020.8.14(金)
7月7日8日に梅雨前線による豪雨災害に見舞われた日田市や由布市。7日と21日には日田市へ、12日には由布市へ、被害状況の調査や要望をお聞きするために行きました。由布市湯平は、花合野川沿いに温泉宿が並ぶ風情ある温泉街です。私の母のふるさとで、子どもの頃よく行っていた……(全文を読む
境川の鯉のぼりと桜 【別府】 2020.4.6(月)
新型コロナウイルスの感染防止のため、密閉・密集・密接の3つの密を避けることが要請される中ですが、屋外だしそれほど人が多いわけではないので、気分転換に境川沿いをお散歩してみました。この時期の境川は、別府の風物詩となっているこいのぼりと満開の桜の共演を楽しむことができます……(全文を読む
更新記録

 自宅:〒874-0849

 別府市扇山町18組−2

 電話:0977(25)7630

日本共産党別府市議団
日本共産党大分県議団
日本共産党大分市議団
日本共産党日田市議団
日本共産党中央委員会
「しんぶん赤旗」編集局
九州・沖縄ブロック事務所
赤嶺政賢(衆院議員)
田村貴昭(衆院議員)
真島省三(前衆院議員)
仁比そうへい(参議院議員)
いせだ良子(参院比例候補)
別府市役所
別府市議会
大分県庁
大分県議会
大分県後期高齢医療連合